自己紹介

こんにちは!Honey.D(@kakimasu4)です!

今回は私たち夫婦についてお話したいと思います。少しでも私たちがどんな人間かわかってもらえたら嬉しいです!

日本が大好きハンガリー人!

日本

夫はハンガリー生まれのハンガリー育ち。日本のことについて知ったのは10代の終わり頃だったそうです。

日本の風景や伝統などを紹介するテレビを観て「なんてすばらしい国なんだ!」と思ったそうです。そこから日本語を勉強し始め、日本語能力試験という外国人向けの日本語検定を取得。ハンガリーでは日本語能力試験N2を取得し、日本語の家庭教師を仕事としていました。

ハンガリーは日本ブームで、日本語を学びたいと思う人は結構いるらしいのですが、実際に日本語をものにできる人はほんの一握りしかいないのが現実です。ハンガリーでは日本語を学ぶことができる大学がいくつかあり、夫は日本語を勉強している学生さんや、そいういった大学を受験したい高校生、日本の企業と取引をしている社長さんなどを対象に、日本語を教えていました。

出会ったときから、夫は日本語が上手でした。私が英語もハンガリー語も話せなくても、会話は何の問題もありませんでした。日本へ来日してから日本語能力試験N1に合格。昔より、もっと日本人に近くなりました(笑)

 

英語もハンガリー語もできない日本人

勉強

それが私です(笑)

留学してみたいそんな願望を持っていましたが、母子家庭だったため難しいだろうと思い、諦めていたとき、国際交流会の存在を知りました。日本で暮らしていたって、海外の人とやり取りすることはできる!と思い、実際にそこから何十人ものペンフレンドを作り、いろんな文化のこと、その人たちの環境のことを聞いては、日本の中にいると狭いなぁと感じていました。

好きな女の子がいるペンフレンドとは「はやくデートに誘わなきゃ!」という話をしたり、私と同じく母子家庭で育ったペンフレンドとは離れて暮らす父との関係について話をしたり、学校のこと、部活のこと、家族のこと、友達のこと、好きな人のこと、飼っているペットの話など、いろんな話をしてきました。

初めてのペンフレンドは、カナダの女の子でした。いつもかわいらしい手紙を送ってくれて、慣れない英語でずっと連絡を取り合っていましたが、フランス人の彼と結婚するのだという連絡をもらい、嬉しくなったことを覚えています。

ある意味、英語はできなくても国際交流はできますが、私がもっと英語ができる人だったらもっとたくさんの話ができたのに、と思うことはよくあります。

 

日常会話は当然日本語

夫婦

英語もハンガリー語も話せないので、当然日常会話は日本語です。喧嘩するときももちろん日本語(笑)年に一度あるかないかですが、たまーに喧嘩したとき夫がハンガリー語で何か言ってくることがあります。そのときは必ず私が「何言っとるかわからんわ!」と思いっきり名古屋弁で返します(笑)私、名古屋生まれの名古屋育ちです。

夫は初めて日本へ来たとき、京都の田舎の方で和菓子の勉強をしていたのですが、方言が強すぎて何を言っているのか全く理解ができなかったそうです。ハンガリーで9年間も日本語を勉強して家庭教師の仕事もしてきたのに、実際に日本に来たらここまでわからないものなのか、とかなりショックを受けたんだとか(笑)

実際に私も和菓子屋さんの方たちとお会いしたのですが、方言は日本人同士でも難しいですよね。

 

日常会話が日本語かそれとも違う言葉なのかによって、普段の生活の雰囲気も全然違って見えます。私たち夫婦は毎日こんな感じで、猫2匹と愉快に暮らしています(笑)