文化の違いはどんな時に感じる?国際結婚してみて感じたこと4つ!

結婚 国際恋愛&国際結婚

こんにちは!Honey.D(@kakimasu4)です!

よく国際結婚すると聞かれることのひとつに、どんなことで喧嘩するのかとか、どんなときに外国人だなぁって感じるかなど質問されることがあります。

そのたびにいつも考えてみるのですが、私が思うに、一番感じることは宗教の違いだと思います。それ以外はそこまで大きく国際結婚したからだと感じることはありません。夫婦関係以外で国際結婚を感じるのは、夫の就職活動についてです。これはまた、詳しく書きたいと思います。

仏教の私とキリスト教の夫

キリスト

私は仏教で、夫はキリスト教です。結婚をしても、私は改宗しませんでした。夫も、これまでの宗教のままでいいと言ってくれています。

国際結婚する夫婦によっては、同じ宗教にならなければいけないということもあるようです。宗教は、国際結婚にとって一番大きな壁です。

しかし、ある意味これは国際結婚に限る話でもないように感じています。なぜなら、キリスト教の日本人はたくさんいますし、外国人だからという違いではないと思うのです。同じ宗教ではない者同士の結婚だからこそ感じたこと、というのが正しい気がします。

 

言葉の違い

言葉

夫は日本語がペラペラで、現在日本に住んでいるため、言葉に関連する国の違いを感じることは滅多にありません。

お笑い番組観て一緒に笑っていますし、なにより夫が楽しみにしているテレビ番組が毎週日曜の夕方からやる笑点です(笑)相当気に入っている様子です。

日本語がペラペラだからこそ、いっちょ前に喧嘩も日本語でやりますが、知らない言葉などがあるとよく聞かれます。聞かれて答えられるものならいいのですが、たまに私もうまく説明できず「ググれ」ということがあります(笑)また、日本語能力試験N1は高校卒業レベルの日本語理解力と言われるそうで、まだまだ夫が知らない言葉は多いです。

特に夫が難しいと悩むのは、オノマトペです。よくわからないせいか、夫もてきとうに新たな言葉を作り出すときもあります(笑)

Sponsored Links

外国人だからといって、特に変わりはない

結婚

私が思うに、日本人の中にだっていろんな人がいるわけですから、外国人にだっていろんな人がいます。真面目な人もいれば、ずっと遊んでいたい人もいますし、結婚して家庭を作りたいと願う人もいれば、結婚なんてしたくないと思う人もいます。

よく外国人からモテるファッションとか、仕草だとか、紹介されていますが、私的には人それぞれだから万人受けはしないんじゃないかなーという感じです。たぶん、そういうイメージが強く日本人の中で刷り込まれているような気がします。

化粧なども、人それぞれですよね。くっきりアイラインを引く、セクシーなメイクが好きだという男性もいれば、化粧はあまり濃くない方が好きだという男性もいます。これには日本人も外国人も関係ありません。真っ赤なネイルが外国人にモテる!と言われて同じようにしたとしても、成功するとは限らないのです。好みがありますから。髪型や服装も同じです。

だから、外国人にもいろんな人がいて、外国人と付き合いたいからこうしたらモテる、という方法なんてないと思うわけです。

「恋愛=数ではない」が私の持論です。私は恋愛経験豊富ではないので、偉そうなことはひとつも言えませんが、恋愛はそのふたりがどんな恋愛をしてきたかっていうことが重要だと思うのです。同じ人はいないので、同じ恋愛っていうのは絶対にあり得ないからこそ、数が多ければ多いほど恋愛マスターになれるとは限らないと思っています。

やっぱり、国際恋愛に限らず、人と人とが巡り会うのは、多少なりとも運命ってやつが関係しているんじゃないかなと思います。

 

国際結婚したからこそ日本の文化をちゃんと知っておきたい

日本

実際に国際結婚してから、もっと日本のことを日本人として知っておかなければいけない、と強く思うようにもなりました。日本で生まれてずっと暮らしていると、知らなくても当たり前になっていることがあって、知らなくても困らないことが多かったんだなぁと、外国人の夫を持って気づかされました。

知らない日本語について夫から質問されることもそうですが、伝統とか習慣とかについて聞かれると「?」となることが多く、日本人として恥ずかしくなります。いかに自分が自分の国について知らなかったか、思い知らされました。夫を見ていても、他のペンフレンドを見ていても、海外の方って自分の国について非常に愛情を持っているように感じます。日本人として、しっかり答えられるとカッコいいですね。

 

あとがき

結婚

国際結婚をしたからといって、誰もがみんな同じ悩みにぶち当たるとは限らないです。日本に住んでいるのか、相手の国に住んでいるのか、はたまた第3の国に住んでいるのかでも違ってきます。両親と同棲しているのかしていないかでも、全然違うと思います。
しかし、実際に国や文化が違う人と結婚することで、もっと日本人として大切にしたいことができて、ある意味それは国際結婚してよかったことのひとつなのかなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました