ハンガリーの有名なブランドと日本のコラボお雛様!

食器 ハンガリー文化

こんにちは!Honey.D(@kakimasu4)です!

ついこの間、ひな祭りが終わりましたね。今年こそはお雛様を出さなくてはと思いつつも、結局何年かお雛様は箱に入ったままの我が家…。来年こそは絶対に!と固く心に誓っています(笑)

今日はハンガリーのヘレンド(Herend)という有名な陶器のお話です。実は今年、ハンガリーと日本の外交関係開設150周年なんだそうです! それを記念してコラボ商品も出ているので、今日はハンガリーのヘレンドについていろいろこちらで書いていこうかと思います!

ヘレンドとはハンガリーの村の名前

食器

ハンガリーのヘレンドは、王室からも愛された有名な陶器ブランドです。その名前は、ハンガリーにある村のヘレンドから名づけられています。

もともとヘレンド村は焼き物で有名だったのですが、Stingl Vince Ferenc(シュティングル・ヴィンツェ・フェレンツ)が創立し、その後王室や貴族たちのための素敵な陶器としてどんどん世界に広がっていきました。イギリスロンドン万国博覧会で、ヴィクトリア女王がウィンザー城のためにディナーセットをヘレンドに注文したしたこともあるとか。

ヘレンドでは食器以外にも、人形やアクセサリー類もあるそうで、私もハンガリーに帰省した際はお店の前を何度も通りかかり、その度「きれいだなぁ」と思いつつ通り過ぎました(笑) なにせお値段がけっこうするので、ほしくてもなかなか手が出せません(笑)

ですが、私たちが結婚するときに義理母がヘレンドのバラの置物をプレゼントしてくれました。ピンクのバラと白のバラで、白を私の母に、ピンクを私にくれました。

ちゃんとヘレンドのマークが入っています。大切な宝物です!

 

日本とハンガリー150周年記念のお雛様

外交関係開設150周年を記念して、お雛様人形が発売されました! 私たちに女の子が生まれたらぜひほしい!というところですが、こちらもやっぱり結構なお値段だったのでその時に買える確率は非常に低いのですが、小物入れなら手が届きそうです(笑)

ペインター(絵)やポター(造形)の部門がそれぞれあり、職人さんたちの細かな作業によって生まれているのがわかります。

気になった方はぜひ、ヘレンドのホームページを見てみてください!

ヘレンド本社公式サイト

クラブヘレンドジャパン公式サイト

調べてみたら楽天などでもヘレンドを取り扱っている店がありました。

ヘレンドの食器があったら、ちょっとしたティータイムも優雅になりそうですね!

 

あとがき

ハンガリーにはヘレンド以外にも有名な陶器はあります。また、陶器以外にもハンガリーには伝統的な工芸品がたくさんあります。ハンガリー帰省のたび、欲しくなってよだれを垂らしてみるだけなんですが、もしハンガリーへ旅行に行かれる方はヘレンドや伝統工芸の店を覗いてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました