国際カップルの保険って?保険について考えてみた!①

カップル 国際恋愛&国際結婚

こんにちは!Honey.D(@kakimasu4)です!

ゴールデンウィーク、終わっちゃいましたね。十連休、そして平成から令和へ…。私たち夫婦はゴールデンウィークに何もすることがなかったので、庭いじりをしました。トマトとかピーマン、なすなどを植えて家庭菜園を楽しんでいます!

ゴールデンウィーク中に、ちょっと保険の見直しをしていました。

見直しと言っても、夫は県民共済の安い保険しか入っていませんし、私は持病があるため保険には入れず無保険状態です。一家の大黒柱である夫の保険はもう少し手厚くしておいた方がいいのでは、と思い、保険屋さんに自宅へ来てもらいました。

今回は、医療保険・死亡保険・年金保険などなど、国際夫婦向けにいろいろ考えてみたお話しです!

保険ってそもそも必要なの?

カップル

保険について、本当に必要なのか、必要でないのかいろいろ言われますよね。貯金がしっかりできる人は保険はいらないとか、貯金ができていない人こそ保険に入るべきだとか、いろいろあると思います。

私は以前生保レディをほんのちょっとだけしていましたが、ファイナンシャルプランナーの資格は持っていないですし、知識は全然ありません。持病があり、私は医療保険など一切入っていませんが、そんな中で入院したことがあります。実際、個人で入る保険に加入していなくても、国の健康保険に入っていれば高額医療制度が使えます。私もその時の入院では助けてもらいました。

保険って必要なの?というより、保険はお守りだと思うことが大事なのかと私は思っています。いざというときに助けてくれるものなので、ちょっとした入院などで儲けようとして入るものではないです。そして、あまりにも高い保険は生活を苦しめることになってしまうので、家計からどのくらいなら保険として払えるのかを考える必要がありそうです。

 

国の制度を理解する

世界地図

先ほど言った高額医療制度のように、国から支援してもらえるお金についてはしっかりと自分で調べると役立つことが多いです。外国人配偶者で国籍は日本でなくても、配偶者ビザを得て日本で働いているのなら国の制度は利用できます。

医療だけでなく、失業したときは失業保険や、資格の補助なども受けることができます。もちろん、受けるためにはいろんな条件があるので、もし興味があれば一度調べてみてください!

 

相手の国の制度を知る

勉強

夫の国ハンガリーでは、国立病院にかかった場合医療費はタダになるそうです。日本では3割負担ですよね。私立の病院を利用した場合は全額負担になってしまうようですが、それでもタダは魅力的です。

このように、外国人配偶者がいる場合には、相手の国の制度について理解した方が後々役立つことがあります。たとえば、やむを得ず日本から相手の国へ引っ越すことになった場合、これまで払ってきた年金はどうなるの?とか自己加入した医療保険などは?という疑問がたくさん出てくると思います。

社会保障協定というものがあり、ハンガリーはこの対象の国の中に指定されています。これは「保険料の二重負担防止」「年金加入期間の通算」が適用されます。

詳しくはこちら ↓

外務省ホームページ

年金機構

ただ、調べてみるとこの社会保障協定が利用できるのは「相手国の企業から派遣された人とその家族」だけとおっしゃっている方もいて、私たちの場合はこの社会保障協定がどのくらい関係するのかわからないため、直接年金機構に問い合わせてみました!…が、かなり電話が込み合っているみたいで待てども待てども繋がらないため、また後日電話してみようと思います!(笑)

話は少し変わりますが、日本では今、10年掛けていれば受給資格が得られます。もし配偶者の国へ移住することを検討されているのなら、これまでの年金の支払期間について一度調べてみることをおすすめします。

 

日本国外に出ても使える生命保険

旅

夫は県民共済に加入。妻の私は持病のため無保険。保険屋さんにお願いして聞いたのは、万が一ハンガリーへ帰国することになってもハンガリーでも有効な生命保険があるかどうかということでした。

ハンガリーの医療費については先程伝えた通り、国立病院などの医療費は無料になりますが、逆に私立などは100%自己負担になります。国立の病院は、一度行ったことがあるのですがかなり怖い印象でした(笑) 私立の場合は施設もかなり綺麗なようです。

保険屋さんに今回紹介してもらったのは、外資系の保険でした。そして、私も持病があっても入れる保険がたまたま同じ外資系の保険だったので、現在夫婦で同じ保険の加入を検討しています。一生保険料は上がらず、終身保険になります。保険料が上がらないのなら、一生持っていてもいいのではと思いました。ただ、外資系といえどもハンガリーの公用語は英語ではなくハンガリー語なので、医師の診断書などはどうなるのか、ハンガリーでも必ず使えるのかを調べてもらっているところです。

国際結婚夫婦の場合は、いつどんなところで住処が変わるかわかりません。そういったことから、日本国外でも使える保険について一度問い合わせてみるといいかもしれません。

Sponsored Links

個人年金保険などの積立

お金

円建ての年金保険の利率はあんまりよくないようで、ドル建ての個人年金保険を紹介してもらいました。しかし、ネットで調べるとドル建ての個人年金保険は結構いろいろあるみたいでした。

ハンガリーの通貨フォリントは現在(2019年5月9日)で1フォリント=0.38円です。ハンガリーにおいては、円は強いです。また、ドルの場合は円よりも強いです。年金保険は5000円から掛けられるので、家計に負担のないように小さい額で、ドル建てと円建てと両方の個人年金保険を検討しています。国際結婚でも普通の結婚と同じように、老後の備えも気にしないといけませんね。

配偶者の国の通貨で個人年金保険をかけられるのなら、ドル建てや豪ドル建ての方が両替の必要もなく都合がいいと思います。老後に海外旅行などする場合にも結構便利かもしれません。

 

あとがき

家族

私が保険を選ぶために考えたことについていろいろ書いてきましたが、いかがでしたか?

また保険屋さんとは会ってお話しする予定なので、生命保険や個人年金保険などがどうなったかお話しできればと思います。

これとは別に、もし万が一夫が亡くなってしまったら…ということも考えて、保険の提案をお願いしてあります。社会保険は、国によって様々です。国際結婚された方、される予定のある方は、ぜひ、一度お互いの国の制度についてしっかり確認した上で、保険の加入を検討するのが一番いいのかなと思います!

相手の国へ移住した場合でも使える保険があるのなら、移住するときに解約して再度加入する必要はなくなります。便利ですよね。

社会保障協定についても、また年金機構に問い合わせてしっかり聞いてみます!

 

次の記事はこちら↓

国際カップルの保険って?保険について考えてみた!②
こんにちは!Honey.D(@kakimasu4)です! 前回保険についてのお話をしたのですが、今回も引き続き生命保険の方についてご紹介していこうと思います! ☆前回の記事を読む 残念ながら、あれから何度もちなみに今日も年金機構...

 

タイトルとURLをコピーしました